フワちゃんは一発屋?今後はどうなる!消えるのか?

女性タレント

女性芸人でユーチューバーのフワちゃんは2020年のTVで最も見る機会の多かった芸能人といえます。

フワちゃんの爆発っぷりはホントに凄まじかったですよね。それはTVの話題だけでなくツイッターのつぶやき一つでもニュースになるほどでした。

さてこういったその年に爆発する芸能人は毎年出てきます。しかし何年も出続ける人がごく一部なのも事実。

そこで、この記事ではフワちゃんが今後も出続ける芸能人なのかをこれまでにブレイクした芸能人と比較して考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

2017年~2019年に売れたタレントを考える

まず直近3年に売れた芸能人を見てみましょう。なぜ3年かというと3年もTVに出続けている人はその後も安定してTVに出ている印象が強かったからです。なので今回は3年で行きます。

フワちゃんは芸人さんですが正直芸人の枠で考えて良いものか悩みました。今回は全部ごちゃまぜにして「タレント」という枠で考えてみます。

☆2017年ブレイクタレント
カミナリ
ANZEN漫才
立川志らく
銀シャリ
千鳥
ブルゾンちえみ
川島海荷
尼神インター
サンシャイン池崎
滝沢カレン

☆2018年ブレイクタレント
中井りか(NGT48)
ノブナガ
丸山桂里奈
村上佳菜子
長嶋一茂
ひょっこりはん
ガンバレルーヤ
永野芽郁
滝藤賢一
野性爆弾

☆2019年ブレイクタレント
霜降り明星
松丸亮吾
EXIT
風間俊介
ゆきぽよ(木村有希)
Mr.シャチホコ
チョコレートプラネット
りんごちゃん
ミキ
武田真治

過去3年にブレイクしたタレントさんを見てみると一発屋の人達がちらほらいますね。

2017年ブレイクタレントではブルゾンちえみさんはあまり見なくなりました。滝沢カレンさんも当時ほどでは無いですが、現在もたまにさんま御殿などで見ることはあります。

男性芸人はバラエティのゲストでは見なくてもコント番組やクイズ番組などで見る人もいますね。

立川志らくさんはお昼のワイドショーをやられてますし千鳥は今でもかなり見ます。

2018年はひょっこりはん以外の男性タレントは見かけますが女性タレントはやはりあまり見なくなった印象です。

ひょっこりはんは本当に消えましたね。

中井りかさんは炎上系アイドルとして話題になりましたが、かなり露出が減りました。

村上佳菜子さんはフィギュアスケートの選手ですね。そっちが本業なのでテレビの仕事は控えたと考えるのが妥当でしょう。

丸山桂里奈さんとガンバレルーヤは今も見ますがみちょぱやフワちゃん、3時のヒロインにかなり押されている印象です。

2019年は男性女性両方とも今も結構見る人が多いですね。完全に消えた人はいません。

テレビで見かける機会が減ってもなんだかんだニュースにはなるのが2019年組です。りんごちゃんとゆきぽよはしょっちゅう今でも結構見かけます。

2017年から見てもやはり3年も経つと段々と見かけなくなるのはテレビ業界が以下に厳しいかを物語っています。

とはいえ2018年組は今でもちょいちょい見るのでどんなタレントさんでもブレイクした年を含めて2年はなんだかんだテレビには出られているのがわかります。

消えたタレントさんは使いにくい

こうやってブレイクしたタレントさんを見ていくと一発屋として消えた人にはいくつかの特徴が見られます。

それはどの「枠」にもハマらなかった人。

ここで言う「枠」とはテレビ的に使える役割にという意味です。

例えばブレイクした女性芸人に多いのがお昼の情報・バラエティ番組の曜日レギュラーで生き残る道

例えば『ヒルナンデス!』では森三中、いとうあさこさん、阿佐ヶ谷姉妹などの女性芸人が曜日レギュラーとして出演しています。

コント番組やバラエティのひな壇などで出れなくてもお昼の情報・バラエティ番組に出れれば一年中見ることができますよね。

こんな感じでどの番組のどの枠で使えるかを考えたときに消えてしまったタレントさんはどの枠にもハマることができなかった。つまり使いにくい部分があったと考えられます。

フワちゃんが一発屋にならず生き残るにはどこかの枠で使いやすいことが求められます。

で、フワちゃんは使いやすいの?

フワちゃんは現在テレビに出ずっぱりで、ワイドショー『グッとラック! 』の金曜コメンテーターとしても起用されたのは記憶に新しいです。

テレビに出始めて一年も経たずにワイドショーのコメンテーターかとニュースを知ったときは驚きました。

フワちゃんはタメ口キャラのハイテンションな芸風です。周りの共演者に無茶振りするのは当たり前、場をめちゃめちゃにするのはお手の物。ここまでだと一発屋の典型ですよね。

しかしフワちゃんは根は真面目で、情に厚いという一面も持ち合わせています。

真面目キャラに関しては9月以降からテレビで見れるようになった感じですね。Youtubeでは以前から見れましたがテレビではどうしてもぶっ飛んだキャラしか切り取ってもらえなかったようです。

フワちゃんが消えないためには、上に書いたようにどの枠にハマれるかが重要ですが、フワちゃんのぶっとんだキャラは正直1年も見れば飽きる人も出てきてしまうと思います。

なのでフワちゃんのもう一つの側面である「実は真面目キャラ」を押してワイドショーのコメンテーターだけでなく、クイズ番組やNHKの情報番組(タメ口封印は必須か)、一般人ともうまく絡めるなら街ブラ番組なども選択肢として挙がるかもしれません。

ただフワちゃんのため口が不快、見たくないという声も未だに根強くあるのでお年寄りや主婦がメイン層のお昼の情報バラエティ枠は厳しいかもしれません。

またピンでお笑いネタをやるタイプでもないのでコント番組もなし、ではドラマは?

フワちゃんまさかの女優転身?

いやいや(笑)無いっしょ(笑)と私自身思いますが、これが意外と悪くないかもしれません。

まずドラマであればフワちゃんのタメ口は完全に封印できます。

不快と言われるタメ口も台本の壁を飛び越えて口から出てくることは無いでしょう。これでタメ口問題は完全にクリアできます。

つぎにぶっ飛んだ芸風ですがこれもドラマであれば大丈夫ですね。江頭2:50さんよろしくめちゃくちゃなハイテンションをドラマで披露する必要はありません。落ち着いたフワちゃんも新鮮です。

ただし問題は演技力。ドラマはこれが全てですよね。

ジャニーズや売れっ子の俳優のように数字重視で出してもらえるのは数年と考えるとフワちゃんはそこまで数字だけでずっと出してもらえるとは思えません。

すると演技力になりますが、フワちゃんは芸人です。芸人発の俳優さんはもともとコントをやっているからか演技がうまい人も結構います。

フワちゃんもモデルやアイドルよりかは演技は出来ると思いますが、これはフワちゃんのこれからの頑張り次第でしょう。これでフワちゃんも一発屋を回避できるかも!

で、結局フワちゃんは一発屋なの?

長期的にはわかりません。そんなもん分かるわけが無いです。

ただ2年ぐらいは見ることになるかも知れません。

その間、フワちゃんがテレビでの使いやすい枠にハマることが出来れば生き残るでしょうし、そうでないなら消えるでしょう。

ドラマというウルトラCも考えてみましたが、フワちゃんは好きなことをやって生きるタイプなので演技がそもそもフワちゃんにハマらない可能性もありますよね。

それにフワちゃんはYoutubeが主戦場です。あれだけで十分生きていけると思うので消えるなら消えるでそもそも未練など無い可能性すらあります。

まあ、どうあれ今年大爆発した女性タレントナンバーワンは間違いなくフワちゃんでしょうし、その存在感は2021年も発揮されるでしょうね。でもそれってもう一発屋ではないのでは?

error: 右クリックは出来ません。ごめんなさい。
タイトルとURLをコピーしました